« 北海道だべさ | トップページ | 77777km »

2010年6月15日 (火)

おかえり ふるさと地球へ

Blog_diary_06

ひな鳥を放出し終えた親鳥が、命尽きる直前に目にしたものは・・・懐かしい母なる地球だった。

 小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰ってきた。約7年にも及ぶ壮大な旅が終わったのであります。しかし、TVはサッカーワールドカップばっかりで、この偉業達成の報道は・・・残念ながら無いに等しい。

 たったの127億円という低予算で成し遂げられたというこの「はやぶさ」計画は、数々の世界史上初を成し遂げた。が、決して順調だった訳ではない。苦難の連続だった。しかし、JAXAはほんとうに頑張った。艱難辛苦を乗り越えて、無事「はやぶさ」を地球に帰還させたのだ。計画、実行、危機管理、すべてを網羅する人智と技術がここに結実した。まさに世界に冠たる日本の技術が、証明されたのである。

 しかし、例の事業仕分け。あれに言わせると目立った成果が無いなどという理由から、次期「はやぶさ2」では予算が大幅にカットされている。大幅にカットというか、ゼロに等しいといっても過言ではない。ふざけるナで、あります。

 読売新聞夕刊の「よみうり寸評」では、「はやぶさ」の偉業を称え、そのしめくくりには次のように書いてある。

「世界で2位じゃダメなんです」

拍手喝采!

目覚めろ!日本を誇りに思う日本人!で、あります。

|

« 北海道だべさ | トップページ | 77777km »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道だべさ | トップページ | 77777km »