« 年に一度の重労働 | トップページ | ももさん闘病記-11 »

2009年6月14日 (日)

ももさん闘病記-10

Blog_momo_02 6月12日。東京大学動物医療センターで3回目の検査。

 前回の2回目の検査から3週間が経過しているが、最近のももさんはすこぶる調子が良い。肺の奥から搾り出すようにしていた咳が、ほとんどなくなった。そしてなによりも嬉しいのは、食欲が回復したことだ。抗癌剤と抗生物質、吐き気止め、ステロイド系の薬が間違いなく効いているんだ、と実感できる。

 ドキドキしながら先生から検査結果の説明を受ける。肺の腫瘍は前回より縮小して2/3ほどの大きさになった。脾臓の腫瘍は前回は若干肥大したが、前々回ほどの大きさまで縮小している。(@@)!!ヲ~~~!嬉しい!

 血中のカルシウム濃度が正常値に下がり、腎臓の具合も良い感じらしい。それから、かつてはオーバーフローで測定不能だった血中の炎症反応も正常値まで下がった。(@@)!!ヲ~~~!更に嬉しい!

 しかし、今回の検査で肝臓に新たな腫瘍が発見された。ごくごく小さいものではあるそうだが・・・。やっぱり転移はしているのか・・・。

 本日3回目の抗癌剤服用。

 今後は、今までと同じ薬を継続して服用する。高カルシウム血症は脱して、多飲多尿は収まりつつあり、今回からは利尿剤は不要になった。

 薬のおかげとはいえ、嘔吐はなくなり食欲が回復したのはなによりの進歩だと思える。栄養をつけて体力もつけて頑張って病気と闘おうなぁ~、ももさん!

|

« 年に一度の重労働 | トップページ | ももさん闘病記-11 »

わんこ(ももの闘病記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年に一度の重労働 | トップページ | ももさん闘病記-11 »